医療業界のあり方

医療業界のあり方としては、患者さんを第一に考え、患者さんが少しでも早く回復でき、日常生活に戻れるようにしてくれるところが、医療業界のあるべき姿であり、世の中の人たちが考えている病院の姿ですが、実際には、このような現実がない病院もあり

あらためて考えたい医療業界の衛生面の意識

医療業界の衛生面については、日本の場合には、もしこのような衛生面で間違った方法が合った場合には、ニュースなどで大問題になるなど、海外に比べて、しっかりと管理されていることがありますが、例えばまだ慣れない新人の看護師さんなどが、医療業界に慣れていないため

医療業界の現状

医療業界の現状で一番目立っているのは、医師や看護師の不足です。都市部では医師や看護師が足りている地域もあるのですが、地方では足りていない所が多くなっています。また産婦人科のように特定の分野で人材が不足しており、深刻な問題になっています。

医療業界の豆知識

医療業界の豆知識として、医療業界では、一番に権限、患者さんを治療し、医療の指示などを行うのはお医者さん、医師となっています。

そのため、仮に看護師さんや薬剤師さんが、この医療方針では違う!ということを言った場合でも、医療業界では、医師の発言や考え、診察が第一とされており、例えば医師が処方したお薬を、勝手に薬剤師などが変更などを行い、患者さんに渡すことなどは、決して行ってはいけないものとなっています。

これは、医学法と薬学法などの違いなどがあり、薬剤師の権限と、医師の権限とは、また大きく異なっているものだからです。

ただ、もちろん、医師が出すお薬の量が多すぎる場合など、明らかにおかしい場合には、出された薬について、医師のいる病院などに問い合わせなどがいき、本当にこの薬の量で合っているのか、などの問い合わせがされる、このようなことはあります。

医療業界では、上記のように、医学部で6年間学んできた医師の権限、また診察が第一とされており、またこれは法律でも守られているマメ知識です。

受験の際には、最も難関な学部が医学部であるとされていますが、そのようなこともあり、また6年間、人間の体について学んできた経緯から、医師に絶大な信頼などが、法律によって守られているなどがあります。

ただ、もちろん、医療は連携したプレイで患者さんを助けるものであり、医師が威張っている病院では、決していい医療は出来ませんし、事故などが起きてしまいます。