医療業界のあり方

医療業界のあり方としては、患者さんを第一に考え、患者さんが少しでも早く回復でき、日常生活に戻れるようにしてくれるところが、医療業界のあるべき姿であり、世の中の人たちが考えている病院の姿ですが、実際には、このような現実がない病院もあり

あらためて考えたい医療業界の衛生面の意識

医療業界の衛生面については、日本の場合には、もしこのような衛生面で間違った方法が合った場合には、ニュースなどで大問題になるなど、海外に比べて、しっかりと管理されていることがありますが、例えばまだ慣れない新人の看護師さんなどが、医療業界に慣れていないため

医療業界の現状

医療業界の現状で一番目立っているのは、医師や看護師の不足です。都市部では医師や看護師が足りている地域もあるのですが、地方では足りていない所が多くなっています。また産婦人科のように特定の分野で人材が不足しており、深刻な問題になっています。

医療業界の安全性

てんかんの症状がある、てんかんの患者さんでもある医師の方が、交通事故を起こしてしまい、他の人が巻き沿いになってしまい、死亡してしまうという悲しい事件がありました。

通常、医療業界では、医師になれる人、医師になる人というのは、医学部の試験でも採用の合否として大きく扱われているように、人間性としてしっかりとした人格を兼ね備えているのかどうか、ただお金のために医師になろうとしていないか、このような面接があるほど、医師は、人格や精神を問われる仕事です。

このように、医療業界では、通常は精神に異常があるとされてしまっている、例えば統合失調症や他の精神疾患、例えば他人の血を見ることに快楽を覚える病気などを持っている人は、医師にはなれない、医師免許を取得できない、このようにされていますが、上記の事件のように、医師になった後にてんかんだと分かったケースや、お薬で治療が出来ていたケースなどの場合など、抜け道が出来てしまっている場合があり、これらについて、医療業界の安全性がとても問題となっています。

このように、安全性を確保するために、医師は定期的に、健康診断など、または目の検査や脳の検査などを受けることがあるのですが、このように、事故が起きてしまっているのは、そのような検査などがしっかりと徹底されていないためであり、とても難しい問題となっています。

ただ、一番の被害者は、病気や事件に巻き込まれてしまう患者さん自身になってしまっています。

あらためて考えたい医療業界の衛生面の意識

医療業界の衛生面については、日本の場合には、もしこのような衛生面で間違った方法が合った場合には、ニュースなどで大問題になるなど、海外に比べて、しっかりと管理されていることがありますが、例えばまだ慣れない新人の看護師さんなどが、医療業界に慣れていないために...  続きはここから ⇒