医療業界のあり方

医療業界のあり方としては、患者さんを第一に考え、患者さんが少しでも早く回復でき、日常生活に戻れるようにしてくれるところが、医療業界のあるべき姿であり、世の中の人たちが考えている病院の姿ですが、実際には、このような現実がない病院もあり

あらためて考えたい医療業界の衛生面の意識

医療業界の衛生面については、日本の場合には、もしこのような衛生面で間違った方法が合った場合には、ニュースなどで大問題になるなど、海外に比べて、しっかりと管理されていることがありますが、例えばまだ慣れない新人の看護師さんなどが、医療業界に慣れていないため

医療業界の現状

医療業界の現状で一番目立っているのは、医師や看護師の不足です。都市部では医師や看護師が足りている地域もあるのですが、地方では足りていない所が多くなっています。また産婦人科のように特定の分野で人材が不足しており、深刻な問題になっています。

医療業界の基本

病院には様々な職種の人たちが働いています。診察や治療を行う医師や患者様のケアを行う看護師、リハビリを主に行う理学療法士、入院費用の計算や外来時の計算を行う医療事務スタッフ。今回はそんな医療業界で働いている基本的な職種を紹介していきます。

まず、診察や治療を行い場合によっては他院へ紹介を行う医師は医療の中核的存在であり様々なスタッフへ指示を出す存在です。そのため激務ではありますが、給与は非常に高くチーム医療の中心的役割を担っています。

次に看護師です。看護師は患者様のケア(看護)を主に担当しており、注射などの医療行為も行うことが可能な職種です。入院病棟か外来、クリニック等で労働時間や行う業務が違いますが基本的に給与は高く、女性が多いことが特徴です。

理学療法士は患者様のリハビリを主に担当しており、注射を行うことはできません。しかし、人体の構造を専門的に学んでおり患者様の早期リハビリや社会復帰をサポートしています。

作業療法士は理学療法士と被っている業務もありますが、理学療法士が「筋力等の回復」に対して作業療法士は「現存の筋力や動作で日常生活を送る方法」をサポートしていく職種です。

メディカルソーシャルワーカー(MSW)は、患者様の転院などの調整や情報提供の要請など、地域医療に欠かせない存在です。MSWの介入がなければ、スムーズな転院等を行うことができません。

最後に医療事務スタッフです。専門的な医療会計を学んでおり、入院日数や使用した薬剤等を計算し患者様に請求を行います。深い知識が無ければ、請求金額の過不足を起こしたり、医師との連携が取れなければ会計に差を出してしまう職種です。

このように医療業界では様々な専門的職種の人たちが働いています。医療業界に興味がある場合は参考にしてみてください。

医療業界のあり方

医療業界のあり方としては、患者さんを第一に考え、患者さんが少しでも早く回復でき、日常生活に戻れるようにしてくれるところが、医療業界のあるべき姿であり、世の中の人たちが考えている病院の姿ですが、実際には、このような現実がない病院もあり、患者さんを、厄介者と...  続きはここから ⇒