医療業界のあり方

医療業界のあり方としては、患者さんを第一に考え、患者さんが少しでも早く回復でき、日常生活に戻れるようにしてくれるところが、医療業界のあるべき姿であり、世の中の人たちが考えている病院の姿ですが、実際には、このような現実がない病院もあり

あらためて考えたい医療業界の衛生面の意識

医療業界の衛生面については、日本の場合には、もしこのような衛生面で間違った方法が合った場合には、ニュースなどで大問題になるなど、海外に比べて、しっかりと管理されていることがありますが、例えばまだ慣れない新人の看護師さんなどが、医療業界に慣れていないため

医療業界の現状

医療業界の現状で一番目立っているのは、医師や看護師の不足です。都市部では医師や看護師が足りている地域もあるのですが、地方では足りていない所が多くなっています。また産婦人科のように特定の分野で人材が不足しており、深刻な問題になっています。

医療業界の安全性とは

医療業界の安全性について、ニュースで、医療ミス、医師による医療ミスが大きな問題となったことが、大病院であり、実際に大騒ぎになった事件がありました。

これは、医師が権力をその病院内で持ちすぎていたため、誰も、他の医師ですら、意見などをしっかりと言うことが出来なかった、言ってしまうと、左遷などをされる恐れがあったなど、医療業界の闇の部分を明らかにした事件でした。

基本的に、医療業界では、医師の上に、医学部の教授などの権力者などがおり、そのため、その医師が教授であったり助教授などの場合には、その下についているお医者さんは、意見などをはっきりと言うことが出来ません。

論文などにより、出世などをしていき、その論文を認めるのも、拒否するのも、たとえその論文が正しいものであっても、上記のように教授の権限がとても大きいため、教授などの機嫌を損ねてしまうと、自分の身が危ない、このような世界に医療業界はなってしまっているのです。

そのため、第三者である、県庁職員などや政府関係者など、外部の人間、医療業界とは関係のない人たちが、告発をする、またはマスコミなどが告発をする、ニュースにする、このようなことで、ようやく、このような医療ミスなどが問題として明らかになっていきます。

そうでなければ、上記のような理由があることから、医師が医師をバッシングすることは、よほどのことが無い限り不可能であり、これが医療業界ではまかり通ってしまっている病院もあります。

もちろん、その医師の人格の問題であり、そうでない病院などもありますが、ドラマなどで誇張がされていたように、海外でも、昔から医師によるこのような権力の暴走などは問題となっており、現在の日本でも、最初に述べたように、実際に事件になってしまっているほどであり、このようなことから、度々、ニュースなどで問題になり、第三者が立ち会う、調査などを行う、このような背景となっています。